不動産会社のスマートな探し方を伝授|新しい街に出向くには

つみき

気持ちよく暮らすために

男女

自殺や他殺、孤独死などが起こった部屋のことを事故物件といい、それは東京に限らず全国各地に存在します。また、その物件を再び市場に出すには、人が住めるように綺麗にリフォームし、家賃を通常の価格より下げて販売することが常識となりつつあります。そして、新しくそこに住む方には、予め事故物件であることを包み隠さず話したのち、それに納得してもらえたら初めて契約することができるようになるでしょう。ですので、東京などに関わらず、事故物件かどうかが気になるのであれば、担当の業者の方に聞いておくのが賢明です。しかし、中には不誠実な業者も存在するので、その場合、ウェブサイトで専用のアプリをダウンロードすると調べることができるコンテンツがあるので、そちらを使用してみるといいかもしれません。そうすることによって、安心して東京に引っ越すことができるでしょう。

東京にも事故物件が多くあり、その理由はさまざまです。そして、それを予告すること貸し出した場合、告知義務違反となるので、後から知ったという場合でも家賃を下げてもらえる可能性があるといえるでしょう。ですので、自分が借りた家が後々事故物件と分かったなら、泣き寝入りすることなく堂々と不動産会社と掛け合ってみるべきです。しかし、自分が入居する前に1名でも済んだ経歴がある場合、告知義務がなくなるので注意するといいでしょう。気持ちい契約をするためにも、事前にこういったことが無かったかを不動産会社に確認することで、トラブルを招くことがなくスムーズに引っ越すことが可能になるのです。